Selenastyle Japón

中南米・カリブの気になるラテンな情報をお届けするブログ

【W杯2018】今話題の@TASこと大川編集長のTwitter投稿がおもしろい

いよいよ今月からサッカーワールドカップ2018ロシアが始まりますね!先日、ワールドカップ代表選手のメンバーが発表されたばかりですが、当ブログでも幾度か取り上げているペルーでもここにきて驚きのどんでん返しがありました。それに関連して今Twitterで時の人となっている、サッカーメディアのGoal日本語版編集長、大川佑(TASUKU OKAWA)さんについて今回は取り上げてみようと思います。

f:id:soymaquita:20180602093109j:plain

● Goal日本語版の大川編集長が話題になった理由

まずは大川さんが登場するまでに、土壇場の大逆転でサッカー代表入りを果たすことになったペルーのエースストライカー、パオロ・ゲレーロ選手のドーピング違反に関する一連の騒動があります。しかしこの説明を始めるとあまりのどんでん返しの多さに長くなってしまうので、簡潔にまとまっているニュース記事から引用させてもらいます。

昨年10月にドーピング検査で陽性反応が出たことで、出場停止処分を下されたゲレーロ。当初下された1年間の処分は半年に軽減。これにより5月に復帰し、ロシアW杯出場が可能となっていた。

しかしCAS(スポーツ仲裁裁判所、スペイン語でTAS)はこのペルーの英雄に対して出場停止を延長する処分を科すことを決定。逆転でW杯出場が非常に困難となった。これを受けてチームメイトは、ゲレーロの処分撤回を求める抗議を呼びかける事態に。

引用元(http://www.sanspo.com/soccer/news/20180601/wor18060108530006-n1.html

この事態に対するペルーのサッカーファンの怒り矛先はTASへと向かい、Twitterで@tasというアカウントを使用している大川さんに対して勘違いした人たちから、抗議ツイートが投稿されるようになったそうです。

しかし「自分はゲレーロ選手を追い込んだ裁判所のTASではないよ」といったことをユーモア込めて否定し、むしろペルーサッカーに対する愛着すら感じる大川さんの友好的な数々のツイートが逆にペルーのサッカーファンに受け入れられ、現在注目の人となっているのです。

● ペルーのニュースでも度々取り上げられる大川さんの投稿

私もゲレーロ選手のニュースには注目していたので、その流れで大川さんの存在を知ったのですが、日本のニュースをスペイン語で伝える「Noticias Nippon」のFacebookページでも、ペルーのファンと共に一喜一憂する大川さんのツイートが度々取り上げられているのを見て目が離せなくなってきたのです。

f:id:soymaquita:20180601222638p:plain

「日本のジャーナリストが、ロシアW杯への出場が認可されたキャプテンのパオロゲレーロ選手を祝福しています」

● 大川編集長の愛のあるツイッター投稿をご紹介

ゲレーロ選手の一連のニュースを知っている人から見ると大川さんとファンの人たちとの絡みがおもしろくてつい注目してしまいます。私はペルー人ではないけども、ペルーびいきな者としては大川さんが仲間のような感じがしてしまいます。

f:id:soymaquita:20180601222643p:plain

本大会でのペルーの試合に関連するイベントを探されているようです。私もペルーの試合の日にはペルーTシャツを着てイベントに参加したいです。

ペルーでもけっこう注目されてるようです。

ゲレーロ選手の逆転W杯出場を祝うためにペルー料理を食べにいかれるそうです。美食の国ペルーへようこそ!こやってペルー料理がじわじわと日本に浸透してくれるのが嬉しいです。

しかし大川編集長はなぜこんなにスペイン語がぺらぺらなのでしょう…。

f:id:soymaquita:20180601232157p:plain

大川さんはもはやもうペルー人だと言われています。ようこそペルーへ。こうやってすぐにアミーゴのように受け入れてくれるところがラテン的で楽しいですね。私はラテンの人たちのこういうところが大好きです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

世界最大級のスポーツ専門オンラインショップ!

 

☆こちらの記事も合わせてどうぞ☆

www.selenastylejp.com