Selenastyle Japón

中南米・カリブの気になるラテンな情報をお届けするブログ

近年レゲトンが熱い!ヒット曲がうまれる理由は豪華な共演?

近年レゲトンが猛威をふるって世の中に浸透してきてますよね。2017年に旅行をしてきたドミニカ共和国でもレゲトン人気を実感してきたところです。そのレゲトンがなぜ世に受け入れられるようになってきたのか。コスタリカのメディアLA NACIONの記事を参照しながらその現象を考察してみようと思います。

f:id:soymaquita:20180407220505p:plain

● 2016年に最も視聴されたレゲトン音楽はエンリケ・イグレシアス

音楽ネット配信サービスのSpotifyによると、2016年に最も視聴されたレゲトン音楽はスペイン人歌手のエンリケ・イグレシアス(Enrique Iglesias)だったそうです。彼はレゲトン歌手ではないのにもかかわらずです。面白い結果ですよね。
ここ近年で彼の注目すべきところは、レゲトンやバチャータを歌う大物歌手を客演としてジョイントして歌っているところ。俗にいう「Featuring」です。そして大物と一緒に歌うことによってさらに豪華さがアップし、クラブなどでも注目曲としてかけ流されるようになります。

● 聞きやすくなってきたレゲトン音楽

昔はレゲトン歌手といえばダディヤンキー(Daddy Yankee)ぐらいしか知りませんでした。当時のレゲトンはリズムもメロディも単調で、しかも歌詞はなんだか顔をしかめたくなるような決して上品なものではなかった気がします。

単調なリズムに合わせて踊るにしてもセクシーなムーヴメントができる人じゃないと、下手したら恥かくだけっていう踊りにくさもあるんですよね。LA NACIONの記事でも、ある意味レゲトンは挑発的なダンスであるといったことも書かれています。なんとなくいまだにアンチレゲトンな人が多いのもうなずけます。

それがここ何年かで、かつてはまるで不良が聞くかのような音楽イメージだったレゲトンが一変してきました。果たして曲が変わったのか、世の中が変わったのか…。

単調なリズムは残りつつも、聞き心地のよいメロディーで思わず口ずさみたくなるような曲も増えています。そしてまだ官能的な歌詞は健在しているものの、もともとポップスやバラードなどで世の女性たちをうっとりとさせてきたエンリケイグレシアスみたいな男性が歌うと、レゲトンでさえなんだかロマンティックなものに感じてしまうのです。

そうやってレゲトンがじわじわと世に浸透していったのではないだろうか。そう思えば変わったのは曲のほうなのかもしれません。


21. El Perdón - Nicky Jam y Enrique Iglesias [Official Music Video YTMAs]

● ジャスティンビーバーは今やレゲトン歌手?!

プエルトリコ人歌手のルイスフォンシ(Luis Fonsi)は2017年のヒット曲「Despacito」でレゲトン歌手のダディヤンキーとジョイントし、一躍有名な歌手へとのぼりつめました。そしてこの曲では、あのジャスティンビーバー(Justin Bieber)ともタッグを組み、米国のラジオで最も聞かれた曲となりました。アメリカでここまでヒットした曲となると当然、日本にもやってきます。

こうやってレゲトンが世界中に広まり浸透していったわけですね。

LA NACIONの記事にはこのように書かれていました。

Enrique Iglesias o Justin Bieber- los reguetoneros mas escuchadas del momento−según Spotify
Spotifyによると『エンリケイグレシアスとジャスティンビーバーは今もっとも聞かれているレゲトン歌手』である
どちらもレゲトン歌手ではないですけどね(笑)


Luis Fonsi - Despacito ft. Daddy Yankee

● 注目のレゲトン歌手をピックアップ

さまざまな有名歌手を迎えて楽曲をリリースし、最近活躍の目立っているのがレゲトンデュオのヘンテデソナ(Gente de Zona)。注目のきっかけとなったのは2014年にエンリケイグレシアスと共演した「Bailando」あたりからではないかと思います。


Enrique Iglesias - Bailando (Español) ft. Descemer Bueno, Gente De Zona

ヘンテデソナは2017年11月に開催されたドミニカ共和国の音楽祭「Festival Presidente 2017」にスペシャルゲストとして出演。さらには2018年チリの音楽フェスティバル「Festival Vina del Mar 2018」へも出演を果たしました。


Gente de Zona - La Gozadera (Official Video) ft. Marc Anthony 

デスセメルブエノ(Descemer Bueno)は同じくBailandoでエンリケイグレシアス&ヘンテデソナとジョイントしており、その後イグレシアスとは再び「SUBEME LA RADIO」共演しています。
 
【2018年4月7日追記】4月6日リリースの「Nos fuimos lejos」イグレシアスと再び共演!
 
ドミニカ共和国で私が体験した音楽祭「Festival Presidente 2017」ではバッドバニー(Bad Bunny)の人気っぷりがものすごかったです。今後の彼にも注目。
 
これからもアーティスト同士でどんどんタッグを組んで、ステージやクラブシーンを豪華にしてもらいたいですね!

【参照記事】

www.nacion.com

最後まで読んでいただきありがとうございます。
 
スポンサーリンク
 
☆こちらの記事も合わせてどうぞ