Selenastyle Japón

中南米・カリブの気になるラテンな情報をお届けするブログ

メキシコ就活に役立つスペイン語履歴書の書き方と職探し

ここ何年かで日系企業のメキシコ進出が著しくふえてきているのと同時に求人も増加しています。スペイン語を学習したことのある人やスペイン語圏に興味のある人たちは、メキシコで働いたみたいとふと憧れたことがあるのではないでしょうか。

f:id:soymaquita:20180401172625j:plain

● メキシコでの職探しの方法

私自身、2010年と2012年にメキシコでの就活経験があります。その当時は仕事を探すのにメキシコ日本商工会議所(CÁMARA JAPONESA DE COMERCIO E INDUSTRIA DE MÉXICO, A.C.)というところに履歴書を提出し、求職者リストにデータを掲載してもらうのが一般的でした。しかし現在では他にも仕事探しの手段がだいぶ増えてきているようです。
 
  1. 求職者リストに掲載してもらう。
    メキシコ日本商工会議所の求職者リストに掲載してもらうと、求人している会社からオファーが来るかもしれない。気長に待とう。

  2. 求人欄を見て探す
    スペイン語を使う仕事の求人ページがあります。
    セルバンテス文化センターの求人情報ページはこちら
    海外求人・海外求職総合サイト『WORLD POST』
    メキシコ日本商工会議所(求人情報)
    メキシコ求人が豊富に揃う『QUICK GLOBAL MEXICO』

  3. 人材コンサルタント(派遣会社)に登録、相談する。
    最近は求人も増えてきているので、メキシコに派遣会社もあるようです。
    メキシコシティ、レオンに事務所を構える『TOP』

  4. スペイン語交流会などに参加すて情報交換できる友だちを増やす。
    コネで就職する人もたくさんいますよ。
    Intercambio Japonés-Español en Tokio(新宿で毎週開催)

● スペイン語の履歴書(Curriculum Vitae)を用意しよう 

はじめてのメキシコ就活となると履歴書をスペイン語で書くのも初めての試みになると思います。何をどうやって書けばいいかわからないですよね。でもそれを乗り越えないと就職は遠い話になってしまいます。
履歴書の形式はワードかエクセルで作成するのが一般的。上記で紹介したメキシコ日本商工会議所のホームページにもフォーマットが掲載されています。私も当時いろいろネットで検索をしてフォーマットを探し記載項目もあれこれ苦戦しましたが、最終的に記載した主要項目はこちらでした。
 
【基本的な情報】
  • 名前 Nombre y Apellido
  • 生年月日 Fecha de nacimiento
  • メールアドレス E-mailまたはCorreo Electronico
  • 出身地 Lugar de nacimiento
  • 現住所 Domicilio actual
  • 連絡先(携帯) Numero de celular
【学歴やスキル】
  • 学歴 Historial Academico
  • 職歴 Experiencia Laboral
  • 資格 Habilidades
  • 語学力 Idiomas (読み書きはEscrito、会話はOral)
    英語やスペイン語などそれぞれ何%ぐらいできるか。母国語(Lengua materna)も書いておくとよい。DELEの資格をもっているならレベルを記載。
  • OAスキル Software(おおげさだけどインターネットや使えるメーラー等も書いておくとよい)
 【その他自己PRや希望事項】
  • これまでのボランティア活動や成果物などを文章で自己アピール
  • 趣味 Aficiones
 
【その他】 
※以下は、履歴書の送り先担当の人が日本人なら日本語の履歴書に記入でもよいかもしれません。
  • 希望勤務地 Lugar de expectativa para prestación de servicios laborales
    メキシコは地方都市勤務も多いです。生活する都市の下調べも重要です。
  • 希望給与額 Expectativa de salario
    勤務する都市によっても相場があります。長く働くためにも納得のいく額を下調べしておきましょう。
  • 特記事項
    勤務開始可能日など
履歴書は枚数の多い方がよいという話を聞いたことがあったので、これまでに転職の多かった私は職歴で行数をかせぎ、3枚ぐらいにしました。また写真を添付したほうがよいという話もメキシコ就活経験者の友人から聞いたことがあります。その方が顔がわかり、企業側も求職者に対してコンタクトをとりやすいらしいです(特に商工会議所のリストに掲載してもらう場合)

● 心配なら履歴書をメキシコの人にチェックしてもらうといいかも

自分の職歴をスペイン語で書くのはけっこう大変な作業でした。初めてだと文章が薄っぺらくなってしまう可能性もあるし、なによりもこれで相手に通じるのか自信がもてない。なのでメキシコで就職するならメキシコ人の友人知人などに作成を手助けしてもらうか、最後にチェックしてもらうと安心できるかもしれない。
ネットに出ている履歴書のフォーマットは必ずしもメキシコ向けではないかもしれないし、見本どうりのスペイン語を使っていたらメキシコで使う表現とは少し違ったニュアンスになってしまうことも。そのためにもこのチェックはやってもらうにこしたことはありません。
 
といっても、私はたまたま履歴書を訂正してくれるメキシコ人の友人がいたのでラッキーだったのかもしれません。もしそういう人が見つからない場合は、初めての就職ならその旨アピールし、その時点でのスペイン語レベルで素直に書けばそれはそれで熱意が伝わる履歴書になると思います。
この記事ではスペイン語の履歴書について書きましたが、日系企業なら日本語の履歴書も当然必要で、スペイン語の履歴書以上に中身を重視するところもあるかもしれません。どちらも丁寧に取り組んで、面接までつないでくださいね!
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
 
スポンサーリンク
<検定合格率50%>「NAFL日本語教師養成プログラム」
 
☆こちらの記事も合わせてどうぞ☆