Selenastyle Japón

ラテン、音楽、グルメ、旅行あれこれ・・・

【ペルー料理】祐天寺のEL CEBICHEROは家庭的な味の隠れ家レストラン

都内にはいくつかのペルー料理屋さんがありますが、日本人シェフが腕をふるまうペルー料理屋さんというのは数も少なめです。祐天寺にあるEL CEBICHERO(エル セビチェロ)もそんな数少ないペルー料理屋さんのうちの一つにあげられるのではないでしょうか。

f:id:soymaquita:20171230233836p:plain

写真:お店のホームページ(https://elcebichero2016.wixsite.com/home)より

● こじんまりとした一軒家のよう

祐天寺駅東口を降りて、昭和通りという少しレトロな感じのする道を歩いていると小さなペルーの国旗が掲げられた一軒家の入り口のようなお店があります。そこが今回行ったEL CEBICHERO(エル セビチェロ)。店内は2人がけと4人がけのテーブル席が1席ずつと、カウンター席のみでとてもこじんまりとしています。

セビチェロというのはペルーの象徴的な料理であるセビチェの料理人のことだそうです。その名の通りここで食べたセビチェも絶品でした。

● セビチェは必須!コース料理の前菜類を紹介

私が行ったのは年末だったのもあり、食材の仕入れの都合で予約時に料理を決めなくてはいけませんでした。3000円で5品のコース料理を選び、セビチェとロモサルタードをリクエストしてあとはおまかせに。

まずはじめの一品として、カンチャという乾燥させたとうもろこしを煎ったものが出てきました。塩が絡められているのでビールなのどのつまみに最高です。

f:id:soymaquita:20171230231335j:plain

こちらがセビチェ。魚介をベースにしたピリ辛のマリネ。その日の新鮮な魚を使って作られています。日本人は刺身などで生で魚を食べる習慣があるので、このセビチェの魚の身が大きくてぷりぷりしていればいるほど食べごたえを感じます。身がぷりぷりしているセビチェはペルー人シェフのお店でも食べられますが、どちらかというとライム汁たっぷりで酸っぱさが強い感じなんです。ここのセビチェはライムの味少し控えめで、魚の味をそのまま楽しむ感じがしました。

f:id:soymaquita:20171230231428j:plain

パパレジェナ。コロッケのような料理ですが、炒めたひき肉や茹でた卵、オリーブなどがマッシュポテトの中に詰められています。詰め物にしっかりと味付けがされていますので、ソースなどなくそのままでも美味しく食べられます。この詰め物、エンパナーダというペルー風ミートパイの詰め物にも似ているなと思いました。

f:id:soymaquita:20171230231525j:plain

コリアンダーとほうれん草のとり肉スープ。この緑がなんだかすごく健康的な色ですよね。ペルー料理ではスープの中にスパゲティやご飯を入れたりするのが一般的なようですが、こちらのスープの中にもご飯が入っていました。どろっとした味の濃い、なかなか日本では味わえない珍しいスープでした。

● メイン料理はロモサルタード

私はペルー料理を食べに行くとたいてい(とくに初めてのところは絶対に)ロモサルタードを注文します。今回ももれなくロモサルタードを注文しました。

f:id:soymaquita:20171230231623j:plain

見た目がとてもキレイ!これこそが求めている理想のロモサルタードです。そしてポテトフライが細長いのじゃなくて斬新!味のほうもしっかりと醤油とバルサミコのソースが絡んでいて、付け合わせで出てきた白いご飯がどんどん進みました。少しソースの味が濃い感じがしましたが、残ってしまった白いご飯をこのソースに浸して(つまりソースをおかずに)食べることができました。

● 和風な味のルクマのアイスクリーム

コースとは別になりますが、ここのシェフお手製のルクマのアイスクリーム。

f:id:soymaquita:20171230231730j:plain

ペルー料理屋さんで食べれるペルースイーツは、けっこういろんなものに分かれます。なのでルクマのアイスクリームが食べれるところも数少ない気がします。このルクマというフルーツは見た目がアボガドに似ているんです。熟して食べごろになると果肉の色がオレンジっぽくなり甘みがでてくるそうです。カボチャみたいな感じですね。天然の甘みだけでも充分に味を楽しめそうなフルーツです。

ちなみにアイスクリームで食べるときな粉のような味がします。チョコレートをトッピングしても合いますが、ここでは和菓子にかかっている黒蜜のようなものがかかっており、これまた絶品でした。意外と和な味です。

● さいごに(お店情報)

シェフは日本でも長年調理人としてのキャリアがあり、ペルー料理に関しては現地でも修行をされたほどの腕前。ペルー料理に関しての知識も深く、一品一品すべてに詳しい説明をしてくれます。調理や接客などすべて一人で切り盛りをされていて、お客さんとの距離も近いのでまるで一般家庭にお呼ばれして食事をしているような感覚でした。

カウンター席もあるのでお一人様も大丈夫そうです。こじんまりとした一軒家風なお店なので、あっという間に予約で埋まってしまう日もあるようですが、お席の空いている日も穴場であったりするようですので、洗練された日本人好みの味付けがされたペルー料理を試してみたいかたにはオススメです。ランチは週末のみの営業だそうで、ペルー人のお客さんもよくこられてるそうですよ。

 

 EL CEBICHERO(エル セビチェロ)

住所:東京都目黒区五本木2−15−3

電話:03−6873−4081

営業時間:〈ランチ〉金〜日 11:30〜15:00〈ディナー〉17:30〜21:00

定休日:水曜日

ホームページ:https://elcebichero2016.wixsite.com/home

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

☆こちらの記事もあわせてどうぞ☆

selenastyle.hatenablog.com
selenastyle.hatenablog.com最後まで読んでいただきありがとうございました。