Selenastyle Japón

ラテン、音楽、グルメ、旅行あれこれ・・・

前向きな気分になりたいかたへ、私が試してみた3つのことを紹介

先日、占い鑑定士のかたに自分のことを見てもらう機会がありました。その先生がいうには、私はここ3年ほどずっと運勢が低迷していたようで、その低迷期は今年の秋ごろまで続いていたようなのです。確かにこの3年間良くないことがいろいろありました。そして特に今年の初夏ごろからずっと気分が落ち込み、原因もわからず悩んだりしてたので、その時にいくつか試してみたことがありました。

f:id:soymaquita:20171224222930j:plain

● 気分が落ち込んでいた原因を考えてみた

今年の夏は関東地方、ずっと天気がよくなかったのを覚えていますか?私は天気が悪くなると気分も落ち込み、元気がなくなってしまいます。会社を休むほどではないですが、つねにダルかったりやる気がでなかったりとけっこうネガティブになりがちでした。それって天気が原因なのかな?と思っていたのです。でも運勢が低迷期だったというのも関係していたのかもしれません。

また、夏の始まりのころに人間関係でいやなことがあり、それを思い出しては「なんか辛いな」ってどんどん元気がなくなっていくこともしばしば。

この落ち込みをなんとか回復したく、いくつかのことを試してみました。

● ①感情を別の視線で見る

ネットでいろいろと調べていたらこんな解決法を見つけました。例えば自分が辛い思いをしているとき「辛い」という感情に浸ると本当に辛くなっていきます。でも、「辛くなっている自分がいる」といったようにワンクッションおいて、まるで「別の自分が、辛くなっている自分を見ている」かのように考えるのです。すると、辛い自分が他人事のように思えて冷静になるのです。

この説明だけでは少しわかりにくいですね。

少し話が変わりますが、最近とても寒いですね。まるで冷蔵庫の中にいるような寒さです。そんな時に「寒い」と思うとどんどん寒く感じ、体もきゅーっと縮こまってしまいます。でも「冷蔵庫にいるような感じで冷気に当たっている」と考えるとどうでしょう。寒いのではなくて「冷たい空気に当たっている自分」を想像するのです。まるで冷蔵されている野菜にでもなったかのように。寒さを感じた時に私はこう考えるようにしているのですが、この気持ちの切替えが先に述べたことと同じやり方に思えたのです。

これに慣れるとネガティブな感情を軽減することができるのではないでしょうか。ただしポジティブな感情にまでこの方法は使用しない方がよいかもしれませんね。「楽しんでいる自分がいる」なんて見かたをしてしまったら、楽しさを心から感じられなくなってしまいますからね。

● ②セントジョーンズワートのサプリメント

なにか気持ちがあがるようなサプリメントにも頼ってみたいなと思っていました。そこで見つけたのがセントジョーンズワートという野草のサプリメントです。これは前向きな気分になるサポートをしてくれるという効果があり、うつ病の人にも飲まれたりするものなのだそうです。ヨーロッパなどでは医薬品とされているほどのもののようなので、飲むのに少し躊躇しましたが、やはり試してみたいという好奇心がおさまらずiHarbで購入してみました。

f:id:soymaquita:20171224215114j:plain

はじめに試したのはこちら。野草をそのまま凝縮した感じで、蓋を開けるとけっこうキツい匂いがします。朝と晩に一錠ずつ摂取し、6週間ほど飲み続けると効果があらわれるとの説明がありました。3ヶ月間飲み続けましたが、結局これといった変化は見られず、こちらのリピはなしです。

しかしiHarbではたくさんの種類のサプリメントが売られていて、セントジョーンズワートだけでも種類がたくさんあります。たまたまこれが合わなかっただけなのかと思い、こんどは別の種類を購入。

f:id:soymaquita:20171224215154j:plain

こちらは飲みはじめてまだ10日ほどしか経っていません。でも気のせいか「あれ?私、なんかポジティブになってない?」って思うことが時々でてくるようになっています。このサプリのおかげかどうかはわかりません。たまたま低迷期が終わったからだけなのかもしれません。これから様子見ですね。

セントジョーンズワートはハーブティーのようのようにお茶として飲まれることもあるようです。カルディでもYogi Teaシリーズの中にセントジョーンズワートのハーブティーが売られているのを見たことがあります。

あまり効果に期待しすぎず「何か変化がでたらいいな」という気持ちで試してみるのもよいかもしれません。

● ③占い鑑定やリーディングなどでアドバイスを受ける 

 先にも述べたように、先日、占い師のかたに自分のことを見てもらいました。占いが当たるかどうかは別としても、私は何かに迷っていたり、何かを決断できないでいるときに専門家のアドバイスやひと押しの言葉が助けの一つとなることがあるので、そんな時にリーディングや占い師の先生に見てもらったりしています。他にも、リーディングの先生からは自分の状態に合ったパワーストーンを選んでもらい、ブレスレットにして毎日身につけています。小さなことではありますが、いままでに起こっとことがないようなことが起こったりと不思議なことが時々あります。

こういったものに頼りすぎるのは良くないと思いますが、どんな結果をいわれても自分の気持ちが揺らぐことなく、あくまでアドバイスのひとつとして受け止められるのであれば、占いやリーディングは前に進む自分のためによい選択肢にもなるのではないでしょうか。

来年からようやく私の運勢に春がやってくるらしいんです。そういった「信じたい」という言葉があるだけでも前向きな気分になってきます。

以上、私が今年前向きな気分になるために試してみた3つのことをご紹介しました。 

最後まで読んでいただきありがとうございました。