Selenastyle Japón

音楽、グルメ、旅行、格闘技 etc... ラテンなライフスタイルブログ

毎日時間がたりない!時間をつくりだす為に工夫していること

そろそろ年末が近づいてきました。この季節になるとなんとなく1年を振り返りたくなりますよね。私もいろいろ振り返ってるところですが、今年はとにかく『時間が足りなかった』なと。なぜそう思うことになったのか、そして時間を生み出すためにどう工夫したのかをちょっと考えてみることにしました。

f:id:soymaquita:20171210105750j:plain

● 時間がたりないと思うようになった理由

主な理由はトレーニングにたくさん出ていたからです。しかも欲張ってクラヴマガとブラジリアン柔術両方のクラスを受けていました。あれもこれもやっていたら、いっぱいいっぱいになってしまうから何かを手放すべきなんでしょうけども、私はどちらも手放すことができなくて両立を続けていました。

実は今年、都内から神奈川県に引越をして通勤時間も増えてしまいました(勤務地は都内)。そうなってくると自然と削られてくるのが睡眠時間。平日の睡眠時間はだいたい5時間ほどです。でも、格闘技などのトレーニングをやっている人にとっては睡眠時間もトレーニングと同じぐらい大事なこと。寝不足や疲れた状態でトレーニングに行くのは集中できなくなったりしてケガにつながってしまうことも。相手なしではできない格闘技。自分だけでなく相手の人にもケガを負わせてしまったら大変です!そういったこともやはり頭に入れておきながらトレーニングに望みたいところなんですよね。 

● 時間をうみだす為にしている小さな工夫

柔術のトレーニングはなるべく週末に

週末は遊びに行ったりゆっくりしたい気持ちもあるのですが、たっぷり眠ってしっかりとパワー充電した状態でトレーニングへ行けるのも週末なんですよね。どちらをとるかいつも悩むところなんですが、なるべく週末に柔術のトレーニングへ行くように努力しています。そのぶん平日は早く家に帰って、少しでも早く寝るようにしています。

服の断捨離

以前から断捨離はけっこうやっているのですが、仕事に着ていく服をまいにち選ぶのに意外と時間がかかっていることが気になっていました。気になっていたというよりけっこう苦痛でした。結局時間かけて選んだところで、服のおかげで気分よく仕事ができたことなどありません。だったら何でもいいんですよね、正直なところ。そういえばスティーブジョブズが毎日同じ服を着ていたのはけっこう有名な話ですよね。それ、すごく共感。

なので思いきって服をばっさり減らしてしまおう!と思ったのです。これを実行したところで、節約できる時間はせいぜいたったの5分やそこらかもしれないですが、それでも苦痛が軽減されたことは精神的にも良かったと思っています。

ただし断捨離しすぎて服がなくなると逆に買い物に走ってしまうので要注意!

通勤中の電車の中で読書やドラマを視聴

長い通勤時間を有効に使いたいと思う人はけっこういると思うんです。私も通勤電車にのっている時間が片道で1時間近くあります。往復にすると2時間!これはけっこうな時間です。なので運良く朝に座れた場合はその1時間を睡眠時間に充てていますが(逆に座るためにさらなる早起きをすることも)、座れない時はつり革につかまって腕の筋肉トレーニング!(やりすぎ?!)そして読書。帰りの通勤電車は大好きなアメリカのシリーズドラマを見る時間に充てています。ドラマは見なかったら見なかったでいいのですが、やはり見ると元気が出たりするので私にとっては有意義な時間になります。

● いまちょっとお休みしていること 

とくに私はあれもこれもやりたがる性分なので、新しく何か取り入れても今までやっていたことを簡単に手放したりはできません。それでもやはり限界があるので、少しお休みしていることはあります。

このブログも実は最近始めたばかりで、今けっこう楽しんでやっています。 とはいえ記事をかくのはけっこう時間がかかるんですよね。さすがにこれ以上睡眠時間を減らすわけにもいかず、今回ばかりはクラヴマガへ行くのを今お休みしています。でもマガトレーニングもとても楽しいので、また時間をやりくりして早く復帰したいと思ってます。

そして、私はラテンスポットへ飲みにいったり踊りに行ったりするのも好きで、トレーニングに行った後に夜の六本木へ繰り出すこともありました。でもさすがに今はお休み中。また暖かくなってくると、ラテンスポットへ遊びに行きたいという気持ちが制御できなくなると思うので、それまでこの寒い期間を他のことに専念して充電しておくことにしようと思います。

● 結局のところ 

時間は1日24時間以上増えることは絶対にありません。なのでちょっとムダに時間使ってるなと思うところを、有意義な時間に変えることが時間を作りだすことだと思うのです。相変わらず平日の睡眠時間は5時間と少ないままですが、なんとかするべく来年もまたいろいろ時間のやりくりを工夫しようと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。