Selenastyle Japón

ラテン、音楽、グルメ、旅行あれこれ・・・

【簡単すぎてレシピ不要なアボカド料理】ワカモレはパーティでも大人気!

女子会やちょっとした自宅パーティって美味しい料理やお酒とともに会話も盛り上がって本当に楽しいですよね。そんなみんながおしゃべりしてる中、サクッと作れてしまうメキシカン料理のワカモレ!みんな喜んでくれるし大人気なんです。そこで私がよく作っている切って混ぜるだけのとても簡単な得意料理をご紹介します。

f:id:soymaquita:20180213163840j:plain

● ワカモレが人気の理由

まず、ワカモレはなぜ人気なのでしょうか。

  • 食べる時はいつもできたてで新鮮!
  • しっかりとした食感なのにサラダ感覚でヘルシー!
  • スナックやおやつ感覚でも食べれる!
  • 見た目がかわいかったり陽気な感じで盛りあがる!
  • 作るのが簡単!

この「作るのが簡単」というところがポイントなんですが、簡単といっても作り方を知らなければ、まずレシピ調べるのが少し面倒だったりしますよね。

でも発見してしまいました!簡単すぎてレシピ不要。分量も適当でOK!アボカドとあるものさえあれば、魔法のように簡単なワカモレが作れてしまう方法を。準備するものだけ覚えちゃってください。あとは切って混ぜるだけ! 

● アボカドを使った簡単ワカモレの作り方

準備するものはこちら

f:id:soymaquita:20171117223434j:plain
この材料だったらお呼ばれのパーティでも気軽に持って行けますね!

f:id:soymaquita:20171117223435j:plain

スーパーなどで簡単に手に入るカゴメのサルサ!!!魔法のように簡単なワカモレを作る手助けをしてくれるものとは実はこちらだったんです。

 

【作り方】
まずアボガドを細かく刻んでボールに入れます(アボカドは柔らかめのものにしてくださいね)。そこにカゴメのサルサと塩、レモン汁を適当に入れてアボカドの形がくずれるぐらいまで混ぜます。

f:id:soymaquita:20171117223436j:plain

※目安としては、サルサはアボカド1個に対して大さじ2ぐらい。
※サルサをあまり入れすぎるとワカモレの色が黒ずんでしまい、見た目が良くなくなります。
※レモン汁はフレッシュなライムを絞ると本格的ですが、市販のレモン果汁でもOKです。

● ワカモレに混ぜているサルサとは

今回使ったサルサ。サルサとはスペイン語でソースという意味です。ちなみに本場メキシコではこのソースをサルサ・メヒカーナといいます。ワカモレを作ってみた時にでも、ちょっとしたこのサルサの知識をみなさんにさらっと披露しちゃってください!

サルサメヒカーナは

  • トマト(赤)
  • 玉ねぎ(白)
  • コリアンダー(緑)

この三つを混ぜ合わせたのがメキシコの国旗の色と重なっています。このサルサはメキシコではタコスなどを食べるときには欠かせないトッピングなんです。

f:id:soymaquita:20171202221137j:plain

f:id:soymaquita:20171117223438j:plain

でも日本ではよっぽどこだわってメキシコ料理を作る人ぐらいしかサルサ・メヒカーナなんて作りません。サルサからワカモレを作ろうとするとたいへん面倒なことになります。なのでこのカゴメのサルサは簡単ワカモレを作る時にとても重宝するんですよね!

● できあがったワカモレの盛り付け

こんな感じでお皿に盛るとカワイくなります。

f:id:soymaquita:20171117223437j:plain

本場メキシコではこんな盛り方もありました。

f:id:soymaquita:20171117223439j:plain

いかがでしたか?切って混ぜるだけなんてとても簡単ですよね。楽しい女子会やパーティーなどでぜひ振る舞ってみてくださいね!

Provecho!(食事を楽しんでください!) 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク 

カゴメ サルサ(ピリ辛)チューブ 925g

カゴメ サルサ(ピリ辛)チューブ 925g

 

☆こちらの記事も合わせてどうぞ

selenastyle.hatenablog.com