Selenastyle Japón

音楽、グルメ、旅行、格闘技 etc... ラテンなライフスタイルブログ

マルマ、エンリケイグレシアスも登場!『Festival Presidente 2017』inドミニカ共和国

カリブ諸国最大の音楽祭『Festival Presidente 2017』がドミニカ共和国の首都サントドミンゴにて開催されました。

出演アーティストがあまりに豪華なため、この情報は本当なのだろうかと疑っていたけども、実際に行ってみたら本当だったのでここで報告しようと思います。

開催期間:2017年11月3〜5日
場所:Estadio Olímpico Félix Sánchez サントドミンゴ
主催:Cervecería Nacional Dominicana(ドミニカのビール会社)

f:id:soymaquita:20171109212929j:plain

● 会場の様子

地下鉄の駅を地上に上がるとすぐ横にオリンピックスタジアムの敷地が広がっていました。道沿いに歩いていくと会場の門を発見!いよいよ来たなという感じでテンションが上がってきます。

f:id:soymaquita:20171109212923j:plain

会場の門でまずチケットを見せて軽いチェック。
中に入るとメイン会場までの行き方を示した看板があり、今回私が購入したTERRENOという場所(ステージ前方の立ち見エリア)専用の入口へとたどり着きます。そこでもう一度厳しいボディチェックと持ち物検査。私の友人はここで自撮り棒とタバコ、ライターを没収されました。なぜか虫除けクリームまで回収しようとしたので、これはただの虫除け薬だから勘弁してと言ってみたらなんとか回収されずに済みました。チューブに日本語がたくさん書かれていたので怪しまれたのかも。

ここで回収されたものは返してもらえるのかと聞いたら、返してくれると言っていました。帰りにこの検査場を通り、回収された時のゴミ袋がまだ放置されていたので、取られた自撮り棒などを漁ってみたけど当然のごとくゴミしか入っていなかった。まるで自分たちが浮浪者のようだったけど、おそらく回収後にすでに盗まれてしまってたに違いない。

f:id:soymaquita:20171109212924j:plain

f:id:soymaquita:20171109212925j:plain

この検査を通過するともうフェスティバル会場です。会場までの間にフードトラックやグッズを売る店などがあったので、私たちはここで記念にTシャツを購入。なかなかデザインの可愛いTシャツが500ペソ(1300円ぐらい)。物価の高いドミニカにしたら意外と安かった。後日このTシャツを着ていると、現地の人に『フェスティバル行ったの?どうだった?』って聞かれることがあったりしてちょっと嬉しかったです。

f:id:soymaquita:20171109212926j:plain

そしてメイン会場へ入ると、正面には見たこともないほどの大きなステージが!!!

f:id:soymaquita:20171109212927j:plain

会場の中では食べ物や飲み物を売るスタンドがあり、また売り子さんもうろうろしています。ビール会社主催のフェスなだけあってPresidenteのビールが一杯60ペソ(150円ぐらい)と安め。

f:id:soymaquita:20171109214650j:plain

● コンサート前半の様子

コンサートのタイムスケジュールは前日になってフェイスブックなどで発表されていました。前座(といったら申し訳ないかもしれないけど)の開始は夕方4時ごろになっていたのに、私たちが会場に入った5時ごろにはわりとガランとしており、まだ何も始まっていませんでした。実際にコンサートが始まったのは6時過ぎ。さすがラテンの国。やはりラテンの国。この時点で終了がかなり押すだろうなと覚悟を決める。

f:id:soymaquita:20171109212936j:plain

f:id:soymaquita:20171109212934j:plain

f:id:soymaquita:20171109212935j:plain

失礼ながらこの日の出演者はマークアンソニー、マルマ、エンリケイグレシアス以外は知らなかったんだけど、他の歌手が歌っている時もみんな大合唱していました。レゲトン歌手が多く、メレンゲを歌う人は1人しかいなくて意外でした。

f:id:soymaquita:20171109215229j:plain

夜の12時近くになるとステージからレーザービームが出たり花火のパフォーマンスが始まり、いよいよ大物が出てくるんだなという期待感でテンションMAXに。

そのままの流れでエンリケイグレシアスが歌うのかと思ったらなぜか30分近くまた間が空いてしまい(楽器のセットのし直しとかならわかるけど、ステージの掃除をのんびりとやっていました)その間にテンション下がってしまった。その段取りの悪さにまたラテンを感じる。


● そしてエンリケイグレシアス

f:id:soymaquita:20171109212931j:plain

エンリケイグレシアスはちょっと古めの曲を歌いつつ、ヒット曲も小出しに歌っていました。Bailamosなんかは個人的には好きな曲だけど、この会場ではちょっとシラけていたような気が・・・。しかしやはりEl PerdónやSÚBEME LA RADIOなどのレゲトンを歌うとみんな大合唱。この国ではメレンゲの次にくる音楽はレゲトンなんだなと実感します。

途中『Cuando me enamoro』を歌う前に彼のトークが始まり、相方のJuan Luis Guerraは日曜日(5日)にこの会場に出演するため、今回共演できないことを残念がっていました。その代わりといってはなんだけど、先ほど登場したBud Bunnyがここで再登場しCuando me enamoroを共演。これはこれでまた豪華な演出となったに違いない。

f:id:soymaquita:20171109212930j:plain

そしてGente de Zonaがスペシャルゲストとして登場し、あのヒット曲『Bailando』を共演!なかなかこの共演って見れないと思うとやっぱりこの音楽祭のすごさを感じます。

個人的なことですが、昨年Bailandoのサルサバージョンを歌うイタリアのグループCROMA LATINAが来日した際にまさかの体調不良でステージを途中で去ってしまい、肝心のBailandoを聞けずじまいという不運にみまわれました。しかし今回この本家本元(!?)のBailandoを聞くことができ、おつりがくるほどの元が取れたと思う。大満足!

意外にもエンリケイグレシアスは30分ぐらいしか歌わず、あっという間に終わってしまいました😭前座(やはり失礼かな)のBad Bunnyが1時間以上歌っていたのをみると、ここでもこの国ではレゲトン人気が高いのかなと感じずにいられない。

私の感想としては、エンリケイグレシアスは彼自身だけのコンサートの方が好きです。バラードありのポップスありの、なんでも歌う彼だからこそ彼の世界と魅力を感じるからです。今回はレゲトン人気におされてしまってたのか、彼の存在を少し小さく感じてしまいました。

f:id:soymaquita:20171109212932j:plain

MALUMA BABY MuuuACKKK!!

マルマがエンリケイグレシアスの後に歌うというのは、今注目されているアーティストなのかなと思います。ドミニカや今回立ち寄ったメキシコでもあのちょんまげみたいなマルマヘアーの人を良く見かけました。

マルマの曲はあまり知らなかったので、彼のような大物をパスしてしまうのも心苦しかったけど、次のマークアンソニーに備えて一度会場の外へ出て休憩&腹ごしらえすることに。彼が歌っていたころはすでに夜中の2時ごろでした。

マークアンソニー編に続く!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

selenastyle.hatenablog.com

selenastyle.hatenablog.com