Selenastyle Japón

ラテン、音楽、グルメ、旅行あれこれ・・・

近年レゲトンが熱い!ヒットの理由は豪華なコラボ?

最近レゲトンが猛威をふるって世の中に浸透してきてますよね。先日旅行してきたドミニカ共和国でも、レゲトン人気を実感してきたところです。そのレゲトンが世に受け入れられるようになってきた現象について書かれた、興味深い記事(スペイン語)があったので注目してみました。
 
レゲトンはどのようにして人々の心をとらえたのか』

www.nacion.com

2016年に最も視聴されたレゲトン音楽はエンリケ・イグレシアス

f:id:soymaquita:20171028210200j:plain

出典−Experiencia religiosa / Por qué Enrique Iglesias se saca la gorra solo una vez al año - Que Pasa Salta, El Diario Digital de Todos los Salteños

音楽情報サイトSpotifyによると、2016年に最も視聴されたレゲトン音楽はスペイン人歌手のエンリケ・イグレシアス(Enrique Iglesias)だったそうです。彼はレゲトン歌手ではないのにもかかわらずです。面白い結果ですよね。
 
昔はレゲトン歌手といえばダディーヤンキー(Daddy Yankee)ぐらいしか知りませんでした。曲のメロディは単調で、しかも歌詞はなんだか顔をしかめたくなるような下品さを感じていました。踊るにしても上手いムーヴメントができる人じゃないと、下手したら恥かくだけっていう踊りにくさ!なのでいまだにアンチレゲトンな人が多いのもうなずけます。
 
それがここ何年かでレゲトンのイメージが変わってきました。リズムの単調さは変わらないけども、メロディーは聞き心地よくなって思わず一緒に歌いたくなるような曲が増えました。歌詞にもまだエロさは垣間見られるものの、だいぶ聞きやすくなったと思います。
 
そして最近の傾向として注目すべきところは、有名な歌手がジャンルを超えて、他の歌手とコラボしてレゲトンを歌っているところです。
 
その代表格といえるのがエンリケ・イグレシアスではないでしょうか。誰かとコラボすることによって豪華さがアップし、クラブなどでも注目の曲としてかけ流されるようになります。


21. El Perdón - Nicky Jam y Enrique Iglesias [Official Music Video YTMAs]

2017年レゲトンの代名詞となったデスパシート

2017年に大ヒットしたレゲトン『Despacito』を歌っているプエルトリコ人歌手のルイスフォンシ(Luis Fonsi)。彼はさほど有名な歌手ではなかったものの、ダディーヤンキーとコラボしてヒットし一躍有名な歌手へとのぼりつめました。そしてこの『Despasito』では、あのジャスティンビーバーとも共演してるので、ラテンとは無関係の場所でもよく耳にするようになり、世界中どこでも聞かれる曲となりました。


Luis Fonsi - Despacito ft. Daddy Yankee

記事にはこんなふうに書かれていました。
 
Enrique Iglesias o Justin Bieber- los reguetoneros mas escuchadas del momento
エンリケイグレシアスとジャスティンビーバーは今もっとも聞かれているレゲトン歌手』どちらもレゲトン歌手ではないですけどね!(^^)!コラボ効果でしょうか。

注目のキューバレゲトンデュオ

また、最近さまざまな有名歌手とコラボして注目されてきているのがヘンテデソナ(Gente de Zona)。注目され始めたきっかけは2014年にエンリケイグレシアスと共演した『Bailando』ではないでしょうか。


Enrique Iglesias - Bailando (Español) ft. Descemer Bueno, Gente De Zona

 
ヘンテデソナは11月に開催されたドミニカ共和国の音楽祭『Festival Presidente 2017』にスペシャルゲストとして出演を果たしました。さらには来年チリの音楽フェスティバル『Festival Vina del Mar 2018』への出演も決定しています。


Gente de Zona - La Gozadera (Official Video) ft. Marc Anthony 

これからもどんどんコラボしてステージやクラブシーンを豪華にしてもらいたいですね!
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。